夜行バスに乗ってサパへ行こう!〈気分だけベトナム旅行③〉

新型コロナウィルスでベトナム旅行が中止、延期になってしまった皆さん、ハノイの日本人宿イージーステイがお届けする〈気分だけベトナム旅行〉を楽しんでください。

さて、3記事目からは、ハノイを離れた場所を紹介。

ハロン湾にしようか、サパにしようか、それともマイナーな観光地にしようか、取り上げる場所を迷ったのですが、サパを紹介しようと思います。

ベトナム北部の山岳地帯、美しい棚田と少数民族で有名なサパへ行ったつもりで楽しんでください。

サパの位置

サパ、全然、知らないよ!という人もいると思うので、地図で位置確認だけ。ハノイの北西、中国に近いところですね。

さあ、いざサパへ。

ベトナムの寝台夜行バスに乗ろう!

サパへ行く方法は鉄道もあるのだけど、お金と時間の節約を考えると夜行バスがおすすめ。

夜に移動しちゃうから、1泊宿代金の節約になりますよね。

そして、ちょっぴり夜の移動にわくわく。

ベトナムの長距離バスは2段ベッドの寝台バスなので、靴を脱ぐのが特徴。入口でビニル袋をもらって靴を入れますよ。

そして、ベトナムの長距離バスはツーリスト系のバス会社とローカル系のバス会社に分かれてます。

ツーリスト系は都市の中心地でお客をピックアップし、目的都市の中心地へ。もちろん、英語が通じます。

ローカル系は都市の端っこにあるバスターミナルから、目的地のバスターミナルへ。基本、ベトナム語。

というような感じ。

サパへはどちらの方法でも行けるけど、絶対ツーリスト系の方が楽。っていうか、ツーリスト系と言っても、最近はローカルの人も多いです。値段もたいして変わらないし、バスターミナルまでの交通費を考えると、ツーリスト系の方がお得です。

そして、ツーリスト系のバス会社は色々あるけれど、「サパエクスプレス」が良いです。

実はイージーステイハノイも、数年前は他社を使っていたのですが、3年前くらいからサパエクスプレスに変えました。

他社を使っているときは、海外旅行に慣れてないお客様から、ちょいちょいクレーム的なものもあったけれど、サパエクスプレスに変えてから、そういうことは全くないです。予定がわからないとか、ちょっと汚いとか、ね。

そうそう、サパエクスプレスは、バスが動き出すと、乗務員さんが英語でスケジュールの案内をするんですよね。何時に到着予定で、何回休憩があって、トイレはどこにあって、などなど。

全てのバスにトイレ付き。トイレが近い人も安心ですね。

とは言っても、確かサパエクスプレスは、6時間ほどの道のりの中、2回か3回休憩が入ったはず。

車内のトイレを使う必要はないですね。

トイレ休憩の休憩所、きれいです。

まだまだ、地方都市に行くとき、それこそローカル系のバスに乗って地方都市へ行くときの休憩所は衝撃的な休憩所も多いのですが。

サパは、外国人でも1人で行きやすい場所だな~、って思います。

翌朝、バスはサパの街に到着するのですが、6時間程度でサパに着いてしまうので、到着時刻は午前3時とか4時とか。

朝6時頃までバスの中で寝ていてOKです。これは、サパエクスプレスじゃなくても、他のバスでも同様です。

サパの景色

この記事では、サパの景色をチラ見せしておきます。サパで具体的にどう過ごすかは、次の記事で!

水牛がいたり。

民族がいたり。って、これはバックハーという街だけど。

絶景カフェで休憩したり。

いやいや、この記事を書いている本人も、本当にサパへ行きたくなってしまいましたよ。

次の記事からは、具体的なサパでの過ごし方を紹介していきますよ。

★〈気分だけベトナム旅行〉を始めた理由はこちら★

ハノイの日本人宿 EZ STAY Hanoi
http://ezstayhanoi.com/