壁画前で思い出写真@ハノイ〈気分だけベトナム旅行108〉

今日、ご紹介するのは、壁画ストリート。以前、【気分だけベトナム旅行】でも紹介していますが、日本人にはまだまだあまり知られていない、ハノイの穴場スポットですね。

次のハノイ旅行、どんなポーズで写真を撮ろうか、シュミレーションしておいてください。

★前回、壁画ストリートを紹介した記事はこちら★

ベトナム渡航ができなくなってしまった今、日本人宿イージーステイハノイでは、少しでも、ベトナム気分を味わってもらえればと思い、これまで撮りためた写真や、最近のハノイの様子を発信しております。

★気分だけベトナム旅行 記事一覧★

 

ロンビエン橋の上に行ってきました~。

いえいえ。

壁画ストリートです。

いかに壁画に溶け込むか・・・

それがここでの撮影ポイントですね。

路面電車が走るハノイへとタイムスリップ!

路面電車は1901年に開通し、1989年までにすべて廃線となったそうです。

って、1989年ってことは、ハノイのおじさん、おばさん世代はみんなこの路面電車を知っているってことですね~。

こちらも昔のハノイかな。

バイクはなくて、自転車ばかり。最近は、ハノイもバイクだけでなく、車がかなり増えてきたからな~。

時代は変わりますね。

この壁画はかなりいい感じに溶け込めます。

子どもの視線、入り口に置かれた空心菜。

リアルだわぁ。

入口に空心菜があるなぁと思ったら、空心菜を売り歩くおばさん登場。

これは壁画ではなく、写真みたいだけど、本当にいるみたいでしょ?

おばさん、いくら?

と、聞いてみたりして。

さて、この壁画に溶け込んだ写真ですが、ポイントは遠近法みたい。

この写真、はじめは壁にかなり近づいて撮影しがのですが、おじさんの頭や手が大きすぎて、違和感あり。

まあ、これでもいいと思うのですが、もう少しリアルさを追求しましょう。

今度は少し壁から離れて撮ってみました。

サイズ感、ちょうどよいですよね?

みなさん、壁画スポットでは離れたり、くっついたりしながらベストな位置を見つけてください。

そうそう、壁画はリアルな風景だけではありません。

人物メインの写真も撮っておきましょう。

アオザイが引き立つわ。

写真撮影するベトナム人のポーズをまねしてみました。

ベトナム旅行、満喫♪

最後は、壁画ストリートに平行して、ローカルのカフェが並ぶので一休み。

ドラゴンフルーツティーというのがあったので注文してみました。

けっこういける!

南国感あるメニューですよね。ベトナムのカフェは、日本ではなかなかないような飲み物がいっぱいあるので、色々チャレンジしてみてくださいね。

そして、一息ついてると、壁画ストリートの上を鉄道が通過していきました。

明日も、気分だけベトナム旅行をお楽しみに。

ベトナム新型コロナウィルスの最新情報は在ベトナム日本国大使館で↓↓
日本大使館ホームページ

★〈気分だけベトナム旅行〉を始めた理由はこちら★

ハノイの日本人宿 EZ STAY Hanoi
http://ezstayhanoi.com