「食事」カテゴリーアーカイブ

「バインセオ22ハンボー」ハノイ旧市街でローカルおやつ

ベトナム風お好み焼きと呼ばれ、日本のベトナム料理屋さんでも定番メニューになりつつある「バインセオ」。本場ベトナムで食べてみたいですよね。しかし、この料理、実は南部の名物料理。北部であるハノイ旅行では食べる必要がないのでしょうか。

いえいえ、そんなことはありません。せっかくのハノイ旅行、ハノイのバインセオも食べてみてください。南部風のバインセオとはちょっと違いますよ。

旧市街のど真ん中に

ハノイにもバインセオ屋さんが複数あるのですが、旧市街にも人気のバインセオ屋さんがあります。

それも旧市街のど真ん中、ハンボー(Hàng Bồ)通りにあるので、旧市街の街歩き中に立ち寄るのにぴったりです。

ローカル感100%

お店はローカル度100%という感じ。

店頭でお姉さんがいくつものフライパンを並べてバインセオを焼いています。

以前はおばあちゃんが座りながら焼いていましたが、今はその娘さんが焼いているようです。

お店の雰囲気はローカル度100%ですが、お客さんは欧米の外国人が多め。というのも、ローカルグルメツアーのルートに入っている模様。

注文方法

注文は席に座って、食べたいものを注文します。英語が通じないときは、壁に貼られたメニューを活用すればOK。

ポイントは注文する個数。

バインセオ(Bánh xèo)は1個2万ドンで売られています。

バインセオの下にある揚げ餃子のハーカオ(Há cảo)は一皿単位で売られていて、一皿2万ドン。

そして、1番下の揚げパンのクアイ(Quẩy)は5本で1万ドン。

  • chiếc…個
  • đĩa…皿

食べたい個数を注文してくださいね。バインセオ1個は、おやつにちょうど良い量だと思います。

お金はお店を出るときに支払います。

パリパリを楽しむ

さあ、バインセオを食べてみましょう。バインセオを注文すると、葉物野菜、ライスペーパー、タレも一緒に出てきます。

ライスペーパーでバインセオと野菜を巻いてたれにつけて食べますよ。

一口食べると、「パリパリパリ!」良い音とともに、色々な味が口に飛び込んできます。

バインセオは外側はパリパリしているけれど、中に入っているもやしと豚肉はしっとり。さらに野菜のさっぱり感が加わり、ライスペーパーがすべてをまとめます。

南部のバインセオにはライスペーパーがついていないと思うのですが、このライスペーパーがいい味を出していると私は思います。

ハーカオも頼んでしまいました。ハーカオは、バインセオ以上にパリパリ食感を楽しめます。2人以上で行って、シェアして食べるのがよさそうです。

おやつタイムのみの営業

旧市街にあり立地抜群のお店ですが、営業時間に注意してください。おやつの時間帯にならないとお店が開きません。また、夜も閉店が早いので要注意です。

Googleマップの営業時間が14時-19時となっているので参考までに。

営業時間と住所

☆Bánh xèo 22 Hàng Bồ☆
住所  :22 P. Hàng Bồ, Hàng Bồ, Hoàn Kiếm(ホアンキエム湖北側から徒歩7分)

営業時間:14:00-19:00

価格の目安:バインセオ1個2万ドン


Googleマップ

ezstayhanoi001@gmail.com