サパの街歩き〈気分だけベトナム旅行④〉

新型コロナウィルスでベトナム旅行が中止、延期になってしまった皆さん・・・っていうか、ベトナムに限らず海外旅行が中止になってしまっ皆さん!

〈気分だけベトナム旅行〉を読んで、少しでも旅行している気分を味わってください。

前回は「夜行バスに乗ってサパへ行こう!」という記事でした。今回からはサパでの具体的な過ごし方。サパというと、「棚田に行かなきゃ!」という気分になりますが、まずは魅力的なサパの街を紹介します。

サパのカフェでブレイクタイム

日本人がサパ旅行を計画するとき、限られたハノイ旅行の中にサパ旅行をぶち込むので、サパ滞在時間が短くなりがちなのですが、3泊くらいしてのんびりできたらいいですよね。

着いたその瞬間から、トレッキングツアーへ参加。もちろん、そういうプランもあるけれど。

まあ、着いたら、コーヒーでも飲んで一息というのも悪くないです。

サパの街は公園を囲うようなこじんまりとしたつくり。公園を眺めながら、まったりタイム。

景色を眺めながら、これまでの旅の記録をつけてもいいかもしれないですよね。

ハノイでもエッグコーヒーは飲めますが、サパの中心部にあるDao Coffeeのコーヒーがとても美味しいです。

まずは街歩きしましょう

コーヒーを飲んだら、ぶらぶらサパの街歩き。サパ周辺の村からやってきた、少数民族さんがたくさんいます。

そして、サパの街中には、サパ湖という湖があるので、そちらの方へもぶらぶら。サパから周辺の村までは距離がありますが、サパの街そのものは本当にこじんまりしているので、らくらく歩いてまわれます。

ハノイの喧騒を忘れられますね。

市場へ行って民族の布を物色

湖の先に進むとサパ市場があります。ツアーだとなかなか行く機会がないと思うのですが、個人でサパを訪れたら、足を延ばしてほしいです。

というのも、中では民族衣装や、民族衣装の布を利用した小物をその場で作って販売しているんです

量がすごい。

ベトナムの少数民族の民族衣装を手に入れたいと考えている人は、絶対に絶対にサパ市場へ行くべきです。

市場の外では、竹筒ご飯(コムラム)を売っている民族さんたちもいました。地味に美味しいので、私はベトナムの田舎へ遊びに行って、コムラムを見つけると、時々買います。

ハムロン丘から街を一望

時間があったら、ハムロン丘に登るのもあり。サパの街全体を見下ろすのことができます。

丘はきれいに整備されていて、公園のようになっています。お花がたくさんあるので、ベトナム人にとっても人気。ベトナムの人は花が好きなんですよ。

景色とは全く関係ありませんが、この丘、あちこちに十二支の動物が置かれてます。

ベトナムも干支の文化がありますからね。

しかし、さすがベトナムです。

どうやら、これがネズミみたいです。

ハムロン丘に行ったのは3年ぐらい前なので、はたして2020年現在、このネズミはいるのでしょうか。

★〈気分だけベトナム旅行〉を始めた理由はこちら★

ハノイの日本人宿 EZ STAY Hanoi
http://ezstayhanoi.com/