朝ごはんを食べよう〈気分だけベトナム旅行74〉

ベトナムの棚田というと「サパ」がよく知られていますが、「ムーカンチャイ」という場所も美しい棚田が広がっています。

今回、私は週末を利用して、ハノイからムーカンチャイへ行ってきました。金曜の夜に出て、日曜の朝にはハノイに戻るという超弾丸旅行です。ハノイ在住で月ー金までお仕事にある方も、ぜひ参考に。

★ムーカンチャイの最初の記事はこちら★

前回の記事では、無事にムーカンチャイの宿に到着しました。宿・・・といっても、今回の旅は弾丸旅行なので、早朝着で明るくなるまで、仮眠をさせてもらうだけですけどね。

朝になり、宿の隣にフォー屋があったので朝食です。

ベトナム渡航ができなくなってしまった今、日本人宿イージーステイハノイでは、少しでも、ベトナム気分を味わってもらえればと思い、これまで撮りためた写真や、最近のハノイの様子を発信しております。

★気分だけベトナム旅行 記事一覧★

6時前から、バイクやらなんやら街が動きだす音が聞こえてきます。

それがベトナム。

ベトナムの朝は全国どこでも、とても早いです。

宿のおばさんに、セオム(バイタク)を呼んでもらおう前に、朝ごはんを食べることにしました。

あら、ちょうどいいことに宿の隣にフォー屋が。

フォーもブン(米麺の一種、フォーよりもつるつるしている)も春雨もありました。

私は鶏肉春雨が好きなので、鶏肉春雨に。

こざっぱりとしていて、好印象ですね。

こちらがミエン。

あったまるわ~。

実は、ムーカンチャイの朝、けっこう涼しいのです。ハノイは5月の時点で朝、起きた瞬間から蒸し暑いのですが、ムーカンチャイは肌がサラッとしていて、ちょっと肌寒いくらい。

そんな中、すするあったかい麺は美味しいです。

春雨をすすっていると、店の外には、次々とモン族さんたちの姿を見ることができます。

なんか、淡々と普通に生活している感じ。

ベトナムで少数民族に出会える街としてもっとも有名なサパの場合、観光客を意識したモン族が多いのだけれど、ムーカンチャイのモン族は淡々と生活している雰囲気があります。

さてと、麺を食べたら、食後のお茶をと。

このお茶は無料です。

さあ、セオム(バイタク)を呼んでもらって、ムーカンチャイ観光を始めましょうか。

ベトナム新型コロナウィルスの最新情報は在ベトナム日本国大使館で↓↓
日本大使館ホームページ

★〈気分だけベトナム旅行〉を始めた理由はこちら★

ハノイの日本人宿 EZ STAY Hanoi
http://ezstayhanoi.com